大会用のロゴ.gif



大会テーマ  

「原初より人は絵をかいた」        
 〜子ども本来の力をひきだし、元気をつくる図工の時間〜

実行委員長
野上 和子(板橋区立蓮根第二小学校)
事務局長
山崎 進(板橋区立板橋第八小学校)
研究局長
笠原 賢二(板橋区立三園小学校)
副委員長
西明 佳彦(板橋区立成増小学校・会場校)
日 程
平成21年12月4日(金)
会 場
板橋区立成増小学校
成増小学校アクセス
地下鉄(副都心線/有楽町線)・成増駅南口下車徒歩3分
東武東上線・成増駅下車4分

sign.png

大会研究局長 笠原 賢二(板橋・三園小)

 黙っていても子どもはラクガキをします。何かを描くということには、「伝えようという目的のため」と、 もう一つ別の、「描くこと自体が目的であるかのような、自発的でもっと根源的な動機」があるように思 われます。ほめられたいからとか、役立つからとかを超えたところに基の動機があるように感じます。 描くときは裸の自分になって集中した時間を過ごします。同時に解放もされますので、自分をとりもど す時間とも言えそうです。ときには嫌な自分も現れてきますが、それを乗り越え、丸ごとの自分を受け 入れていきます。授業の中では、自分のみでなく、他者をも大切にすることも学びます。図工は「人間 形成に関わる側面」をもつ重要な教科です。表されているものは、外側から見て“個性的”、“芸術的” などという以前にもっと表現者にとって“切実なもの”であるはずです。造形活動が人にとって普遍的 な意味をもつ理由の一つがここにあるのだと思います。
 子どもが無性にものに働きかける理由に、物と一体になりながら自他の認識を深めていくといった、 子どもの発達にかかわる背景があることが考えられます。“もっている全身の感覚をしっかり使う。” 遊びや生活の中で多様な経験を求めるのが困難な今、このあたりを様々な角度から探っていくのも、 造形活動を通して「子ども本来の力をひきだす」ことにつながるのではと考えます。図工の授業は、物 と向き合い、児童が絶え間なく自問自答しながら、表現しつつ自分を確かめつかみ取っていく活動に 他なりません。
 自己の経験・感覚・造形能力等、子ども自身を総動員させた結果、そこから得られる(得させ たい!)自己肯定感は、腰の据わった「子どもの元気(自分を信じて頑張る力)をつくる」ことに つながるのではと考えます。

「12月4日には成増小へ」               

城北大会実行委員長 野上 和子

 大会に向けての準備もいよいよ最終段階になりました。城北ブロック各区研究分科会の授業案もほぼ固まり、当日に向けてよりよい内容にしたいと事前授業など行い研究を深めています。研究局以外の各部局も大会を成功させるべく、様々な準備を進めています。実りある城北大会にするために多くの皆様が参加していただけることを願っています。

子どもと図工の力をもとめて!都図研城北大会!!   

東京都図画工作研究会会長 辻 政博

 本大会は、昨年の「学習指導要領」の告示を受け、H23年度の完全実施に向かう中での研究発表となりました。現在の教育の大きな流れの中では、図工教育は依然として、負の状況にあります。城北大会を通して、子どもの成長に寄与する図工のあり方をアピールできればと考えます。二年間に渡る研究成果を存分に発揮できる大会になることでしょう。城北ブロックの先生方はもちろん、多くの方にご参加いただき素敵な大会にしましょう。

大会時程

83X83N838A815B839383V838783b83g81i2009-11-032020.25.5481j.png

指導・講評

国立教育政策研究所 教育課程研究セ ン タ ー研究開発部教育課程調査官 文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官
奥村 高明氏

記念講演      

多摩美術大学教授 人類学者 中沢 新一氏

96BC8FCC96A290DD92E8201.jpg1950年、山梨市生まれ。
 多摩美術大学芸術人類学研究所所長、芸術学科教授。
 チベットで仏教を学び、近年は人類の思考全域を視野にいれた研究分野(「対称性人類学」)を開拓。
 著書に『チベットのモーツァルト』(講談社学術文庫)、『カイエ・ソバージュ』シリーズ全五巻(講談社選書メチエ)、『芸術人類学』(みすず書房)など多数。近著に『鳥の仏教』(新潮社)、『緑の資本論』(ちくま学芸文庫)、翻訳書にクロード・レヴィ=ストロース『パロール・ドネ』(講談社選書メチエ)など。

大会参加費 2000円 (紀要・指導案集・報告書等の資料代を含む)

昼食の販売はいたしません。各自、ご用意ください。
車でのご来場はご遠慮ください。(会場内外には駐車スペースがありません)

レセプション(交流会) 

成増小学校体育館 
17:30より  会費2500円

連絡先
城北大会事務局板橋区立第八小学校内  山崎 進〒173−0011板橋区双葉町42−1TEL03−3963−4181FAX03−5375−5766