都図研本部:・・・八王子市立陶鎔小学校

更新日2017-08-25

 

理事研究会

 教育・行財政改革に伴う情勢の把握と分析,小学校教育課程における図工科の展望,都図研の課題と展望,各局の活動等について協議し,活動の一層の発展を図る。

◎研究局による授業実践事例を発表し、研修局による研修内容の報告を行います。
◎理事研究会は、各地区から選出された理事によって構成される。都図研の事業や活動を支える中核的な会で、 年間5回(内1回の総会を含む)開催されます。
◎都図研役員選挙の実施に際しては、原則理事内から選挙管理委員(委員長を含む)を選出して選挙管理委員会を構成します。各理事に選挙で投票(信任を含む)を行う選挙権が生じます。

  • 開催時間 15:30〜17:00
  • 司会は,ブロック長の輪番。記録は,副理事長。
  • 事務局が作成するレジュメに従って,報告・意見交換・協議等を行う。
  • 広報局は,会に先立って都図研ニュースを編集・印刷・発行し,各地区に配布する。本会で確認した内容等が,都図研ニュースでも会員各位に伝わるよう発行に努める。
  • 理事会のない月は,都庁交換で各地区理事宛に送付する。(青梅市,武蔵村山市, あきる野市,奥多摩郡,島しょは郵送)
    • ※地区内の速やかな配布にご協力を頂きたい。
  • 三役は,教育(行財政)改革の動向や情勢についてできるだけ広範な情報を集め,理事に周知し意識づけていくよう努める。
  • 研究局,研修局,事業局,及び特別委員会は,毎理事研究会で必ず各局の動向や案内等を伝えたり,実践資料を提示したりして,各理事に有効な研修の場となるよう努める。
  • ブロック長は輪番で,各地区の動向についてレジュメを作成し理事会で報告する。各地区の取り組みの実際について,ブロック内の活動の意識化を図るようにしたい。(毎回ブロック長に事務局から依頼)
    • ※できるだけ実践に触れた内容等も示してもらうよう働きかけていく。

ブロック長は輪番で,各地区の動向についてレジュメを作成し理事会で報告する。各地区の取り組みの実際について,ブロック内の活動の意識化を図るようにしたい。(毎回ブロック長に事務局から依頼)できるだけ実践に触れた内容等も示してもらうよう働きかけていく。

内容

第1回(5月16日 火)狛江市立狛江第一小学校
新役員紹介・挨拶、新年度活動計画(承認含む)、各局より、都展関連、各ブロックより①、都図研大会関連(毎回大会地区役員から報告)、研究大会関連、名簿作成(校正)
第2回(7月11日 火)新宿区立愛日小学校
研究局実践発表、各ブロックより② 、各局より、都展開催について、都図研大会関連、
第3回(9月5日 火)立川市立立川第一小学校
研究局実践発表、各ブロックより③、各局より、都展計画、
第4回(12月12日 火)板橋区立板橋第六小学校
研究局実践発表、各ブロックより④、各局より、都展計画、都図研大会報告、 ※選管構成(各ブロックの理事等から選出)・次年度都図研役員選挙公示、全造大会報告
第5回(3月8日 木・総会)新宿区立愛日小学校
今年度事業・決算(監査)報告、次年度事業計画・予算案、各局より、大会事務局より ※次年度都図研役員選挙(選挙・開票・報告) ※次年度都図研役員(承認)

備考 

「理事」は、規模に応じて各区市1~3名の図 工専科が当たる。「理事研究会」では、各区市の理事 が出席し、都図研の研究、研修、大会、都展等の情報 を共有する場である。理事は情報を各区市に持ち帰 り、伝える役目を担う。また、役員の選挙権をもつ。